GW直前!勝手に新潟旅行プラン考えます。

f:id:ACFIELD:20190422235422j:plain

みなさん、どーもであります。ACFIELDでありんす。

いよいよGWが近づいてきた今日この頃、みなさんにおかれましてはいかがお過ごしあそばされておられますか?私は行けるのかどうか微妙なキャンプを楽しみに日々過ごしております。

さて今日はまだどこに行くか決めてない方へ吉報であります。新潟愛にあふれる私が勝手に新潟旅行プランを考えていきます。いきますと言いますのはすなわち、書きながら考えるとも言えるのであります!

今回は主に新潟市周辺におでかけするのであります。ちなみに、私が行きたい場所、もしくは過去に行った場所が含まれる可能性があるのであります。しかしGW直前が過ぎるのであります。

さあ、出発であります。

一泊二日 新潟市周辺新潟旅行プラン

スポンサーリンク  

1日目

 白根グレープガーデン

f:id:ACFIELD:20190423215121j:plain

※こちらは我が家の過去の思い出であります。長女がまだ天使だったころであります。懐かしいのであります。

 新潟県でフルーツ狩りと言えば白根グレープガーデンが最有力なのであります。

GWのこの時期はいちご狩りが楽しめるのであります。いちごの種類は越後姫・章姫・紅ほっぺ・とちおとめ・やよいひめ・新潟S3号と豊富なラインナップであります。しかし、新潟S3号って名前だけ聞くと何かとても強そうなのであります。すいません。写真のときに食べたいちごはとってもおいしかったのであります。練乳つけてパクリであります。

f:id:ACFIELD:20190423222143j:plain

いちご狩りの他にもバーベキュー・フルーツピザ作り・動物たちとのふれあいなどが楽しめるのであります。そして何といってもフルーツのおいしさたっぷりのジェラートがおすすめであります。ここのジェラートは本当においしいのであります。行かれた際はマストで味わって下さいであります。

一日食べて、遊べてしまう白根グレープガーデンですが、ここでお腹一杯になると新潟名物イタリアンが食べられなくなりますので、腹6~7分目位に止めておいてください。

詳しくはHPでご確認下さい。

白根グレープガーデン http://www.kudamonogari.com/

営業時間:10:00~17:00(最終受付:16:30)

 

新潟市新津鉄道資料館

f:id:ACFIELD:20190423224754j:plain

先程の白根グレープガーデンから車で20分ほどで到着であります。

www.ncnrm.com

大宮の鉄道博物館と双璧をなす新津鉄道資料館であります。鉄道の街としてしられる旧新津市にある鉄道資料館は鉄道ファン垂涎の資料館でありながら、家族みんなで楽しめるスポットなのであります。SLや新幹線の屋外常設展示、屋内では運転シュミレーターやリアルな模型、プラレールが楽しめるらしいのであります。

らしいと言うのは私も未だ行ったことが無いのであります。いつか訪ねてみたいですなぁ。詳しくは上記HPにてご確認下さい。

営業時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)

 

新潟県立植物園

新津鉄道資料館から車で15分程で到着の新潟県立植物園であります。特徴的な外観で外から、中から楽しめるのであります。アザレア・ボタン・ツバキなどを中心にとにかくたくさんの植物が鑑賞できるのであります。

現在は企画展示「にいがたの花 シャクナゲ・ツツジ」を開催中であります。新潟の植物とふれあいながら癒されていただくのであります。

また、金・土・日・祝祭日の9:30~16:00には植物園と新潟バリスタ協会がコラボした「にいがたコーヒーラボ」が営業しているのであります。歩き疲れたらコーヒーでも飲んで下さい。

ちなみに、5月4日(土・祝)・5日(日・祝)9:30~16:00は春の植物園まつりと題しまして、なんと温室入館無料なのであります。

詳しくはHPにてご確認下さい。

botanical.greenery-niigata.or.jp

 

新潟市新津美術館

新潟県立植物園から徒歩5分以内で到着する新潟市新津美術館であります。いわゆる植物園の隣であります。

この美術館はいつも面白いイベント展示をしているのであります。私が訪ねたときは「タツノコプロ展」を開催しておりボヤッキー好きの私を楽しませてくれたのであります。現在は、水木しげる先生へのリスペクト企画「ゲゲゲの人生展」を開催中であります。ぜひお楽しみ下さい。その他、新潟地域にゆかりの美術や現代の大衆文化に通じる美術を展示しているのであります。がぜん新潟に興味の湧いてきたあなた、ぜひご鑑賞くださいであります。

開館時間 午前10時~午後5時

詳しくはHPにてご確認下さい。

www.city.niigata.lg.jp

 1日目はこの辺で宿に行きましょう。ゆっくりと休むのであります。

ちょっと一息 新潟グルメ

家族に乾杯のパクリではありません。新潟に来たら食べて欲しいものを紹介するのであります。最近では「バスセンターのカレー」がTVショーで取り上げられ有名になっているのであります。食べてみたい方はぜひどうぞ。盛りが良いので胃袋と相談して注文してくださいね。普通盛りが通常の大盛りですよ。

しかし今回私が食べて欲しいのはズバリ!イタリアンタレカツ丼であります。

イタリアン


みかづきのイタリアン(冷凍)(3個入)×2箱

イタリアンの味を何と表現するかは難しいのであります。ミートソースのかかった焼きそばなんですが、名前はイタリアンとイタリア感満載なのであります。変わった焼きそばをキャッチコピーに始めたらしいので正解は焼きそばなんでありましょう。とにかくうまいのであります。完全なる新潟県民のソウルフードなのであります。毎日食べれるのであります。

ちなみにこのイタリアンは新潟地区ではみかづき 長岡地区ではフレンドというお店が提供しているのであります。いろいろあって(変な意味じゃないよ)この販売スタイルになったのであります。

食べたことが無い方はぜひご賞味くださいであります。

 

 タレカツ丼


とんかつ三条のタレかつ 2人分 新潟県産豚肉使用

 卵でとじない、カツを甘いタレにくぐらせるスタイルのカツ丼であります。卵とじも好きですがタレカツ丼はその独自の味わいでやみつきになるのであります。タレの浸みたごはんがまた最高であります。このごはんだけで一杯いけるのであります。しっとりとしたカツとごはんのハーモニーをお楽しみ下さい。

実はどちらも秘密のケンミンショーで取り上げられておりますが・・・。

 

新潟ふるさと村

さあ2日目であります。

まずは道の駅であり、観光と物産のプレゼンテーション施設である新潟ふるさと村であります。とにかく広くて見どころいっぱいなのであります。お昼までこちらで過ごしても良いのであります。GWはイベントモリモリだくさんであります。一面のチューリップは壮観であります。アピール館では新潟のアピールを全身全霊で受け止めて下さい。きっと良いことありますよ。バザール館では新潟の特産品を買い占め、お腹が空いたら飲食店街へどうぞであります。

開館時間 午前9:30~17:30(大型連休中)

詳しくはHPをご覧くださいであります。

furusatomura.pref.niigata.jp

 

新潟県立自然科学館

新潟ふるさと村から車で12分、新潟県立自然科学館であります。こちらはお子さんが楽しめる展示、体験がたくさんあり、なおかつ新潟についても学べる有意義な施設なのであります。現在、春の特別展「恐竜展~科学が解き明かす恐竜のすがた~」なるイベント開催中であります。そしてプラネタリウムで癒しの空間をお楽しみくださいであります。科学って楽しいのであります。

開館時間 土・日・祝日 9:30~17:00

詳しくはHPをご覧くださいであります。

www.sciencemuseum.jp

 

新潟せんべい王国

新潟県立自然科学館から車で16分、新潟せんべい王国であります。こちらは「ばかうけ」で有名なBefcoこと株式会社栗山米菓の施設であります。せんべい焼き体験、ばかうけ味付け体験、製造見学、そしてばかうけ稲荷への参拝とせんべいを満喫できるのであります。日本人なら一度は焼いてみたいせんべい、そして一度はオリジナルの味付けをしてみたいばかうけ、この機会にぜひどうぞであります。

また、ばかうけ稲荷はたいがいの願い事は聞いてくれる⁉かも知れないのであります。楽しく参拝するのであります。

f:id:ACFIELD:20190425204849p:plain

※過去の参拝の様子であります。おかけさまで2人ともばかうけが大好きに育ちました。

そしてお土産物も豊富なラインナップなのであります。せんべい王国でしか買えないばかうけはマストで購入しましょう。

営業時間 9:30~17:00

詳しくはHPをご覧くださいであります。

senbei-oukoku.jp

 

 最後に

f:id:ACFIELD:20190425213033p:plain

 新潟市周辺のおすすめスポットを7つ紹介したのであります。他にも水族館のマリンピア日本海などまだまだ紹介したかったところですが、一泊二日の旅行なんで7つに止めたのであります。滞在時間を決めていけば全て楽しめるのであります。ただし、GWの混雑は考慮して計画願うのであります。

また、飲食の機会が多いので食べ過ぎには十分注意して欲しいのであります。お腹を壊したらせっかくの楽しい旅行が満喫できないのであります。

冒頭にも記載しましたが、GW旅行の記事を投稿するのが直前過ぎるだろう!という声が聞こえてきそうであります。しかしこの企画自体、急遽思い付いたのでご容赦願うのであります。

この記事がGWどこに行くか決めかねている方の参考になれば幸いであります。

f:id:ACFIELD:20190409185643j:plain

今回は割と長文でしたが、最後までお付き合い頂きありがとうなのであります。

ではまた。

スポンサーリンク