キャンプで使いたい!コンテナ・収納 6選+α

f:id:ACFIELD:20190721182111j:plain

みなさん、どーもであります。ACFIELDであります。

大変蒸し暑い日が続いております。皆さん熱中症に気を付けてくださいね。私の方は冷房の無い南向きの1.5畳の書斎がサウナ状態であります。劣悪な環境であります。なんせパソコンがデスクトップのため移動は困難であります。「あ~ぁ、どっかにノートパソコンが落ちてないかなぁ。」なんて思う日々が続いております。ブログ継続には大変重要な問題でありますので、何とか手を打とう考えている今日この頃であります。

さて、前置きはさておき、本日はキャンプでかなり重要なギアに分類されるであろう収納についてであります。キャンプギアが増えるにつれ整理整頓が重要になってくるはずであります。どこに何があるか把握しておかないと設営でかなり時間を浪費することになりますし、その分楽しむ時間が少なくなるのであります。

しかし整理整頓するにも入れ物がないと整理のしようがないのであります。ということで今回は数あるキャンプ収納の中から便利に使えそうな収納を私目線で紹介させていただきます。

キャンプで使いたいコンテナ・収納はこれ!

スポンサーリンク  

無印良品 ポリプロピレン頑丈収納ボックス


無印良品 ポリプロピレン頑丈収納ボックス 奥行39×高さ37cm (特大)

まず紹介するのは無印良品ポリプロピレン頑丈収納ボックスであります。この無印の収納はいまキャンパーにかなり人気がある収納であります。画像は特大サイズでありますが、このほかに大と小があります。

特徴はシンプルで好感の持てるデザインと耐荷重100㎏というタフさでありましょう。耐荷重が100kgあるので簡易的な椅子としても使えるのであります。またこの頑丈収納シリーズが2つあれば簡易的ではありますが、椅子とテーブルが出来上がってしまうのであります。

キャンプはもちろん家のガーデニング収納、車のトランクルーム整理と用途は多彩であります。

原産国・地域 日本
外寸 約幅78×奥行39×高さ37cm
収納スペースの内寸 約幅67×奥行29×高さ_29cm
廃棄方法 粗大ゴミ(自治体確認)
重量 約3.9kg
耐荷重 ふた約100kg、収納部20kg
最大積み重ね段数 2段

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549337526303?rec=buySameUser1

トラスト ソーラージトートウィズリッド


トラスト ソーラージトートウィズリッド TRUST THOR LARGE TOTES with LID [53L/グレー]

続いて紹介するのはトラスト ソーラージトートウィズリッドであります。THORのロゴが目を引くデザインであります。このソーラージトートウィズリッドシリーズは元々ホテルやレストランなどの業務用に作られたもので、多少作りはラフになっている部分もありますが、そこもアウトドアで使えば良い味になること間違いないのであります。


\MAX46倍★お買い物マラソン期間中/送料無料 収納ボックス フタ付き おしゃれ プラスチック【あす楽14時まで】トラスト ソーラージトートウィズリッドTRUST THOR LARGE TOTES with LID [53L]コンテナボックス 蓋付き 屋外 キャンプ

カラーもおしゃれな3色から選べるのであります。重量も1kgとコンテナ自体は非常に軽量であります。深さが違う75Lタイプもありますので用途によって使い分けるのであります。スタッキングもできますので車のトランクルームに乗せた際などに便利であります。


\MAX46倍★お買い物マラソン期間中/送料無料 収納ボックス フタ付き おしゃれ プラスチック【あす楽14時まで】トラスト ソーラージトートウィズリッドTRUST THOR LARGE TOTES with LID [53L]コンテナボックス 蓋付き 屋外 キャンプ

また細かいところでは上記画像の04のように持ち手部分に雨水が溜まらないよう水抜きの穴が開けられているあたりはアウトドアで使用するうえでは割と気が利くポイントであります。

材質:プラスチック(PE)
サイズ:W708mm D434mm H272mm
[内寸最大] 約W590mm D390mm H245mm

https://www.truss.jp/shopdetail/000000001678/

キャプテンスタッグ UL-1022 CS ハンディアウトドアコンテナ500


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 工具箱 ツールボックス ハンディ アウトドア コンテナ ハンドル付き 日本製 幅518×奥行380×高さ345mm UL-1022

続いてはキャプテンスタッグのUL-1022 CS ハンディアウトドアコンテナ500であります。こちらは上記の2つとは少し趣が違い工具箱としても使えるツールボックスなのであります。


UL-1022 CS ハンディアウトドアコンテナ500 (CAG10441607) 【 キャプテンスタッグ 】

工具箱らしくフタを開けると仕切り付きの中フタがありますので、キャンプでは画像のように大きさに応じた収納が可能であります。


UL-1022 CS ハンディアウトドアコンテナ500 (CAG10441607) 【 キャプテンスタッグ 】

サイズはご覧の通りであります。UL-1022自体の重量は2.7Kgであります。またフタの耐荷重は80kgありますので椅子としても使用可能であります。フタにはパッキンが付いていますので画像で謳っているように水やホコリに強いのであります。なかなかタフに使えそうなコンテナであります。

RISU トランクカーゴ TC-30


リス コンテナ収納 トランクカーゴ TC-30 グリーン

続いてはRISUのトランクカーゴTC-30であります。あれ?何か似たようなの見たぞ⁉と思った方、正解であります。このトランクカーゴは最初に紹介した無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスと全く同じものなのであります。トランクカーゴはTC-30・TC-50・TC-70と3サイズのラインナップが無印の小・大・特大にそれぞれあたるのであります。

何を隠そうこのRISUが無印のポリプロピレン頑丈収納ボックスをつくっているので、同じで当然なのであります。単に自社ブランドで売っているだけなのであります。違いはカラーの展開と商品名くらいなのであります。ちなみに同じものがトラスコ中山ブランドでもあるのであります。3ブランドから発売ということはそれだけ人気商品であり、品質も高い証拠であると感じた次第であります。

ということは当然耐荷重も100kgと高い数値であります。モノが同じなのに選んだ理由は一つしかないのであります。カラーバリエーションであります。無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスはホワイト一色なのであります。当然他の色が好みの方もいらっしゃるはずでありますので、選抜した次第であります。ちなみに価格は一色展開の無印の方が安いようであります。


リス(RISU) トランクカーゴ TC-30 30L グリーン TC-30

 


リス(RISU) トランクカーゴ TC-30 30L グリーン TC-30

スノーピーク シェルフコンテナ50


スノーピーク(snow peak) ファニチャー シェルフコンテナ 50 UG-055G

こちらは、そのスタイルでキャンパーに根強い人気があるスノーピークのシェルフコンテナであります。こちらは3つまで積み重ねができるのでコンテナとして、はたまたシェルフとしても使用が可能なギアであります。


[最大2000円OFFクーポン配布中!7/26金1:59まで]スノーピーク シェルフコンテナ50 UG-055G Shelf Container 50

このようにシェルフとして開いた状態にすれば重ねても何が収納してあるか一目瞭然であります。


スノーピーク シェルフコンテナ50 UG-055G スノーピーク snow peak ShopinShop bbq バーベキュー アウトドア キャンプ用品

ガルバリウム鋼板でつくられた武骨な感じがまた味わい深いのであります。ちなみにガルバリウム鋼板は耐候性にとても優れた素材で家の屋根材として使われているのであります。我が家の屋根もガルバリウム鋼板であります。よって耐久性は折り紙付きであります。

また別途接続金具があればマルチファンクションテーブルとも接続可能で、さらに便利に使えるのであります。

ラインナップはこのコンテナ50の他にコンテナ25もありますので用途によって使い分け願うのであります。

 サイズ

625×405×270(h)mm

重量

5.5kg

機能

最大積載量:20kg/1個

特長

シェルフコンテナ25より、さらに大容量のサイズです。頑丈なBOXとして使え、広げて重ねて棚にもなる、変形するコンテナ。キャンプ場でも自宅でも、ブランケットや服や本など、お気に入りをカッコよく見せてくれます。3段まで積み重ねられます。

仕様

● 材質:スチール(ガルバニウム鋼板)、ステンレス、竹集成材

https://ec.snowpeak.co.jp

MOLDING 折りたたみコンテナボックス Lサイズ


molding CONTAINER BOX 折畳みコンテナーボックス L 50L (グレー)

6選のラストはMOLDING折りたたみコンテナボックスLサイズであります。こちらは画像やネーミングから分かるように折りたたみ式であります。従って未使用時はコンパクトに収納することが可能なのであります。


MOLDING/モールディング コンテナーボックス CONTAINER BOX L 50L 折畳みコンテナーボックス Lサイズ/3043 【雑貨】収納ボックス 道具箱 【clapper】

このようにスッキリであります。耐荷重も50kgありますのでタフに使えるコンテナであります。またスタッキングも可能なので省スペースで沢山のギアを収納可能なのであります。MOLDINGシリーズはMサイズもあり、Lと組み合わせればこんな感じのスタッキングも可能であります。


MOLDING/モールディング コンテナーボックス CONTAINER BOX L 50L 折畳みコンテナーボックス Lサイズ/3043 【雑貨】収納ボックス 道具箱 【clapper】

カラーもグレー/ カーキ / ブラック / サンドと4色から選べます。何やらキャンプだけで使うのはもったいないようなおしゃれコンテナなのであります。

+α 2選

さてここからはちょっと趣向が違うものを紹介するのであります。

DOD キャンパーノ コロコーロ


DOD(ディーオーディー) キャンパーノ・コロコーロ キャンパーのための防水スーツケース CC1-514

さすが、DODであります。見ての通りもはやスーツケースであります。こちらのコロコーロはキャンプに電車やバスで行くことをコンセプトにしたもので一応収納という括りで選んだギアであります。もちろんキャンプだけでなく普通にスーツケースとしても使用可能であります。


キャンパーノ・コロコーロ 電車やバスでキャンプに行こう。キャンパーのためのスーツケース。 DOD(ディーオーディー) DOPPELGANGER OUTDOOR CC1-514

完全に駅にいるのであります。コンセプト通りであります。

通常のスーツケースと違うポイントはファスナーが防水仕様であること、またタフな使用を想定してかキャスターが交換可能であります。またキャスターで走行できないほどの道でもスーツケース自体を背負って移動が可能なのであります。


キャンパーノ・コロコーロ 電車やバスでキャンプに行こう。キャンパーのためのスーツケース。 DOD(ディーオーディー) DOPPELGANGER OUTDOOR CC1-514

コンパクトに収納できるギアを選べば1人~2人でキャンプできるギアを詰め込むことが可能なのであります。キャンプギア収納のために敢えて細長い形状になっているのであります。

サイズ 外寸:(約)W360×D240×H880mm ※ハンドル部分などを含む
ケース内寸:(約)W320×D230×H790mm
※ハンドル引き出し時の高さ:(約)1060mm
重量(付属品含む) (約)4.4kg
容量 (約)58L
材質 本体:ABS+PC(ポリカーボネイト)
内装:ポリエステル
ハンドル:アルミ
キャスター:TPE、PVC

 https://www.dod.camp/product/cc1_514/

STANLEY 工具箱 1-70-327


STANLEY 工具箱 475×284×570 1-70-327

さあ、こちらはコンテナと言うか、収納と言うか、スタンレーの工具箱なのであります。工具箱としてみてもかなり特殊な部類に入るのでありますが、収納面からみればかなり優秀なのであります。

STANLEY工具箱1-70-327は上下で分割され、小物収納に便利な中仕切りが入っているのであります。私が想像した使い方としてはキャンプで使う工具類やペグ、自在ロープなどで標準装備ではなく追加で購入したものをひとまとめにしておく、焚火関係ものをまとめておくのに便利そうだと思ったのであります。また中仕切りにカラナビやS字フック等小さいギアを収納しておくのにも便利そうであります。


【ポイント3倍】STANLEY 工具箱 475×284×570 1-70-327

そして、最大の売りはやはり、コレであります。運搬らくらくなキャスター付きであります。この工具箱を引っ張っていたら、それだけでこいつはできるヤツだと思われること請け合いであります。


【ポイント3倍】STANLEY 工具箱 475×284×570 1-70-327

そしてこの武骨な道具感!アウトドアやキャンプによく似合うデザインなのであります。デザインと言いますか機能を求めた結果の形、すなわち機能美と表現した方が適切かも知れないのであります。

最後に

今回はキャンプでの整理整頓の味方、コンテナや収納について紹介したのであります。大小の収納を組み合わせ、用途ごとに収納しておきたいものであります。キッチン廻り、リビング廻り等で分けて収納しておけばそれだけ設営時間は短縮するはずであります。

プラス車載時のスタッキング性や耐荷重も併せて確認しておきたいところであります。この記事でお気に入りの収納が見つかれば幸いであります。

f:id:ACFIELD:20190409185643j:plain

今回も最後までお付き合いいただきありがとうなのであります。

気になるその他のキャンプ記事はこちらであります。

www.acfield.work

ではまた。