高評価でお求めやすいAmazon’s Choiceから選ぶテント6選

f:id:ACFIELD:20200724165519j:plain

みなさん、どーもであります。ACFIELDであります。

キャンプシーズン真っ只中であります。みなさん、キャンプ楽しんでますか?

「え?テント選びで失敗した」「テントが破損した?」「新しいテント購入を考えている」

そんな方も沢山おられると思います。そこで今回はAmazon’s Choiceをもとにテントを紹介しようと思うのであります。天下のAmazonが良いと言っているものでありますので良いものぞろいなのでありますが、さらにACFIELD目線で選ばせていただいたのであります。

つまり、Amazon’s ChoiceをACFIELDがChoiceなのであります。何がつまりなのかは深く考えないで下さい。

それではよろしくお願いいたします。

天下のAmazonが良いと言っているテントとは⁉

スポンサーリンク  

Amazon’s Choiceとは⁉

f:id:ACFIELD:20200724194400j:plain

ところでAmazon’s Choiceって何なのでありましょう。この機会に確認しておくのであります。

  • ユーザーからの評価が高いもの
  • お求めやすい価格のもの
  • 適正な価格であるのもの
  • 発送が直ぐにできるもの

Amazon’s Choiceはこのような基準をクリアした商品であり、なおかつAmazon独自の極秘基準もクリアしているようであります。

基準の全てを明かさないのは世の常なのであります。謎めいた部分があるくらいがちょうど良いのであります。

Coleman タフスクリーン2ルームハウス

最初のAmazon’s ChoiceはColemanのタフスクリーン2ルームハウスであります。ご覧のように広々としたリビングが魅力的な2ルームテントなのであります。

 

キャノピーを使用すればさらに開放的な空間を楽しめるのであります。

 

色分けされたポールで設営がしやすく、慣れれば1人でも設営可能!インナーテントも吊り下げ式で取付簡単であります。

サークルベンチレーションシステムで空気の循環もバッチリでありますな。

キャノピー部分をキッチンにすれば、リビング、寝室とこれ1つでOKなのであります。

 

大きさ、仕様をみると、かなり活躍してくれそうなタフスクリーン2ルームハウスは多くのキャンパーを満足させてくれることでありましょう。

 ●耐水圧:約2,000mm(フロア:約2,000mm) 
●定員:4~5人用 
●インナーサイズ:約320×230×170(h)cm 
●収納時サイズ:約ø30×74cm 
●重量:約16kg 
●材質:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工) フロア/210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、シームシール) ポール/(メイン)アルミ合金約ø16mm (ミドル)アルミ合金約ø13mm (リア)アルミ合金約ø13mm (リッジ)アルミ合金約ø11mm (キャノピー)スチール約ø19mm 長さ約180cm 
●仕様:前室、キャノピー、メッシュドア、ベンチレーション、メッシュポケット、コード引き出し口、ストームガード 
●付属品:キャノピーポール×2、ペグ:プラスチック8本、スチール20本、ロープ、ハンマー、収納ケース

https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N05794.html

 

テンマクデザイン パンダ VC

続いてのAmazon’s Choiceは、ワンポールテント好きの方やソロキャンパーに大人気のテンマクデザイン パンダであります。

こちらのAmazon’s Choiceはコットン混紡生地を使用したVCなのであります。

パンダ VCはノーマルなパンダよりも一回り大きくなっているのであります。また素材もコットン混紡生地(VC)を使用しておりますので火の粉による穴がノーマル仕様よりは開きにくくなっているのであります。(開かない訳ではないのでご注意を)

パンダは女性にも大人気のワンポールテントでありますが、こちらのパンダ VCはパンダ TC同様、少し男性よりのテントのようであります。

無駄の無い洗練されたデザインと使い勝手はAmazon’s Choiceにふさわしいのであります。

 素材
フライシート
コットン混紡生地(VC)、コットン60%ポリエステル40%
表面撥水加工
インナーボトム
ポリエステルタフタ68D(PUコーティング)
ポール
アルミニウム
耐水圧
インナーボトム1,500mm
サイズ
組立サイズ:
フライシート
(約)2,700×2,700×1,700(高)mm
インナーテント
(約)2,500×1,150×1,550(高)mm
収納サイズ(約)
(約)490×250×160mm
重量
(約)5.26kg

https://www.tent-mark.com/panda_vc/

 

スポンサーリンク  

DOD ワンポールテントM

続いてのAmazon’s ChoiceはDODのワンポールテントMであります。

ワンポールテントMの特徴は

  • 設営簡単
  • コンパクト収納
  • 天井高200cm
  • 通気性の良いインナーメッシュ
  • 5人用

といったところであります。

開放的な200cmの高さ、女性でもラクラク運べるコンパクト収納と使い勝手の良いワンポールテントなのであります。

 

耐水圧はフロアで5000mm、フライシートが2000mmと充分なスペック、上部のベンチレーターと通気性抜群のインナーメッシュで夏のキャンプにも持ってこいなのであります。

 

仲間と楽しむも良し、カップルで、はたまたご夫婦でラブラブするも良しのワンポールテントなのであります。

 

組立サイズ(外寸) (約)W370×D325×H200cm
インナーサイズ (約)W330×D290×H200cm
収納サイズ (約)W58×D18×H18cm
重量(付属品含む) (約)4.5kg
収容可能人数 大人5名
材質 フライシート、フロア:75D ポリエステル (PUコーティング)
メインポール:スチール
最低耐水圧 フライシート:2000mm
フロア:5000mm
付属品 キャリーバッグ、ペグ×13本、ロープ×6本(テントに取り付け済)

https://www.dod.camp/product/t5_47_tn/ 

 

Coleman ツーリングドーム LX

お次のAmazon’s ChoiceはColemanのツーリングドーム LXであります。

ツーリングドーム LXの特徴は

  • 前室を開ければ開放感抜群!!
  • 2~3人用ドームテント
  • 1人でも設営しやすいポールポケット式

なのであります。

 

インナーサイズは約210×180×110(h)cmと2人での使用なら余裕の大きさであります。

(画像はナチュラルカモ)

 

これが1人でも設営しやすいポールポケットであります。なるほど!設営しやすそうであります。(画像はナチュラルカモ)

 

クローズ状態なかなかカッコイイフォルムでありますなぁ。

耐水圧も約1,500mmと充分に使えるスペックであります。

 

●耐水圧:約1,500mm(フロア:約1,500mm)
●定員:2~3人用
●インナーサイズ:約210×180×110(h)cm
●収納時サイズ:約φ21×49cm 
●重量:約5.6kg 
●材質:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)
  インナー/68Dポリエステルタフタ
  フロア/75Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール)
  ポール/(メイン) FRP 約φ9.5mm×2 (フロント)FRP 約φ9.5mm×1 (リア)FRP 約φ6.5mm×1
●仕様:前室、メッシュドア×2、ストームガード、ベンチレーション、メッシュポケット
●付属品:ペグ:スチール×15本、ロープ、収納ケース

https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N02059.html 

 

スポンサーリンク  

FIELDOOR フィールドキャンプドーム200

お次のAmazon’s ChoiceはFIELDOORのフィールドキャンプドーム200であります。

フィールドキャンプドーム200の特徴は

  • 少人数からファミリーまで使用可能
  • 吊り下げ式のインナーテント
  • 組立簡単!
  • 別売りのポールがあればキャノピーの使用も可能
  • 軽量でアルミ合金でもっとも強度ある超々ジュラルミン使用

なのであります!

 

ご覧の様に別売りのポールを使用すれば開放感抜群なのであります。ポールはどこのメーカーでも良いので、是非ともキャノピーを活かすのであります。

DODのポールは価格もお求めやすく、おすすめなのであります。

 

カラーは2色展開のようでありますが、別売りの専用フライシートも販売されているのであります。

 

こんな感じで。何せ、テント本体の価格がかなりお安いので他にお金をかけるのもありであります。

サイズ
本体サイズ : (約)325cm×205cm×135cm
インナーサイズ : (約)200cm×200cm×125cm


重量
(約)3kg


材質
フライシート : 68D 190T ポリエステル
インナーテント: 68D 190T ポリエステル
グラウンド : ポリエチレン
ポール : 超々ジュラルミン (A7075系)


耐水圧
2,000mm以上

https://fieldoor.com/camptent/fieldcampdome200/

 

YACONE ワンタッチテント

最後のAmazon’s ChoiceはYACONE ワンタッチテントであります。

このテントの紹介は私の中でも思い切った選択なのであります。なぜならYACONE⁉情報が出てこない謎なのであります。

しかしながら、AmazonではベストセラーでありAmazon’s Choiceなのであります。つまり、何か売れる理由があるはずであります。

YACONE ワンタッチテントの特徴は

  • ワンタッチ式で設営がラクラク
  • 折りたたんでコンパクトに収納
  • 耐水圧3000mm(驚き!)
  • UVカット加工

といったところであります。

価格がかなり安いのに一定のスペックがあることがAmazon’s Choiceの理由なのでありましょうか⁉

私の肌感覚では本格的なキャンプでの使用よりはライトキャンプ、野外フェスや海水浴、運動会などでの使用に適していると感じた次第であります。

 

一番の売りはやはりワンタッチ式で設営が早いということであります。3秒で展開はさすがになかなかの熟練度が必要になると思いますが・・・。

 

サイズ感はこのようになっております。

総じてこの価格でこのスペックであれば、セカンドテントとしての使用なら重宝することでありましょう。

 

スポンサーリンク  

最後に

今回はAmazon’s Choiceをもとに6種類のテントを紹介させて頂いたのであります。

この記事を思いついた時にはかなり多くのテントの中から紹介できそうだと思ったのであります。なぜならAmazonを徘徊しているとAmazon’s Choiceのタグをよく目にしていたからであります。

しかし、いざAmazon’s Choiceを探し始めるとなかなか遭遇しないことが分かったのであります。サイト内検索でAmazon’s Choiceと検索してもダメなのでありますね。勉強になったのであります。

また商品が同じでもカラーが違うとAmazon’s Choiceではなくなるものもあったりと、6選するのに一番時間がかかったのであります。

そんな感じで書き上げたこの記事が、みなさんのテント選びの参考になれば幸いです。

f:id:ACFIELD:20200308125303j:plain

今回も最後までお付き合いいただきありがとうなのであります。

その他のキャンプ・アウトドア記事はこちらであります。

www.acfield.work

ではまた。