コスパで選ぶなら安心のブリヂストン品質タイヤ DAYTON DT30

f:id:ACFIELD:20220101233013j:plain

スポーティなタイヤを履きたいけど予算があまりないんだよなぁ。アジアンタイヤにはちょっと抵抗があるし、中古タイヤも長く使えるか心配だなぁ。何か良いタイヤはないかなぁ?

f:id:ACFIELD:20210116184916j:plain

この記事ではそんな悩みを解決したいと思います。

 

本記事の内容
  • DAYTONとは⁉
  • DAYTONタイヤの特徴
  • DAYTON DT30のサイズ展開
  • DAYTONはこんな方におすすめ
  • DAYTONをより安く手に入れるには⁉

 

この記事を読み終えるとDAYTONの魅力がよく分かりますよ。今までDAYTONを知らなかった方もブリヂストンのタイヤだと分かれば見方が変わると思います。

 

ライター:ACFIELD

次に履く夏タイヤはDAYTONを有力候補に考えている私が解説させていただきます。

f:id:ACFIELD:20210116205022j:plain

 

ドレスアップにも最適!スポーティタイヤをお探しならブリヂストンのDAYTONをチェックしよう!

 

 

スポンサーリンク  

 

タイヤ選びで迷っているならブリヂストンブランドのタイヤ「DAYTON」をチェックすることをおすすめします。馴染みがない方が多いと思いますが、抜群の低価格と安心のブリヂストン品質、さらにドレスアップに最適なデザインでユーザーからの評価が高いタイヤですよ。

f:id:ACFIELD:20210116205022j:plain

 

 

DAYTONとは⁉

 

DAYTONはアメリカオハイヨ州のデイトンで1905年に創設されたタイヤブランドです。いわゆる老舗ブランドですね。

DAYTONは1961年にファイヤストンに買収され、その後1988年にファイヤストンがブリヂストンに買収されたことから現在はブリヂストン傘下のブランドとなっています。

生い立ちは「セイバーリング」とかなり似ていますね。セイバーリング?という方はこちらの記事も強くおすすめします。

www.acfield.work

 

もともとDAYTONはモータースポーツに力を入れていたこともあり、スポーティタイヤとして販売されています。

主な流通先はアメリカやヨーロッパで日本導入は2010年と10年以上前ですが、あまり宣伝していないので一般的にはあまり知られていないのが現状のようです。

 

 

DAYTONタイヤの特徴

2010年の日本導入当初はよりスポーツ路線の「DAYTON DT320」と「DAYTON DT30」というシリーズ展開でしたが、現在はDT30に一本化されています。

それでは「DAYTON DT30」の特徴を確認していきましょう。

  • サイズ展開が多く、ブリヂストン系のショップやネットで購入可能
  • スポーティなタイヤデザインでドレスアップにもおすすめ
  • 回転方向の指定があり、グリップ性能が高く排水性も良い
  • アジアンタイヤ並みの低価格でブリヂストンの高品質を実現
  • あまり知られていないタイヤだがユーザーの評価は高い

 

サイズ展開が多く、ブリヂストン系のショップやネットで購入可能

サイズ展開については後の項目で詳細を記載しますので確認してくださいね。

販売店についてはブリヂストンのタイヤ専売店「タイヤ館」や「ミスタータイヤマン」「コクピット」で購入可能です。

もちろんネットでも買えますよ。しかし、いわゆる量販店では購入できないので注意して下さいね。

この辺りはセイバーリングやアイスパートナーと同じですね。

アイスパートナー?という方はこちらの記事で確認して下さいね。

www.acfield.work

コスパの良いスタッドレスタイヤもお探しであればアイスパートナーを知らないと損ですよ。

 

スポーティなタイヤデザインでドレスアップにもおすすめ

DAYTON DT30はスポーティタイヤですからインチアップしたホイール・タイヤが欲しい方にもおすすめです。

お求めやすい価格ですからインチアップのハードルをかなり下げてくれますよ。

 

回転方向の指定があり、グリップ性能が高く排水性も良い

DAYTON DT30には回転方向の指定があります。回転方向の指定はスポーツタイヤに多く、回転方向の指定によってグリップ性能が良くなり、また排水性も高くなります。

排水性が高いということは水溜まりなどでハイドロプレーニング現象が起きにくいということですね。

注意点としてはタイヤローテーションは前後でしかできないこと。回転方向を間違えて取り付けるとグリップ力がかなり低下し、排水性も極端に悪くなります。これは回転する方向に合わせてタイヤパタンがつくられているからです。

回転方向はサイドウォール部に表示されていますので、自分でタイヤ交換する方は回転方向を確認して取り付けましょうね。

 

アジアンタイヤ並みの低価格でブリヂストンの高品質を実現

DAYTON DT30はアジアンタイヤ並みの低価格も魅力の1つです。同じ価格帯、もしくは若干高いくらいであればDAYTON DT30を選びたいですね。そう思わせるのがブリヂストンのブランド力、築き上げてきた品質への信頼ということでしょう。

 

あまり知られていないタイヤだがユーザーの評価は高い

DAYTON DT30は高い耐久性とグリップ力などの性能で購入ユーザーの評価が高いですね。

私のステップワゴンも夏タイヤの交換時期が来ているのでセイバーリングを頼もうと思っていましたが、DAYTONもここにきて有力候補になっています。セイバーリングは嫁の車に履かせているのでその実力は体感していますが、低価格スポーツタイヤも体感したい欲が大きくなっています。

 

 

DAYTON DT30のサイズ展開

DAYTON DT30の全サイズは以下の通り、あなたの車に合うサイズがきっとありますよ。

 

・275/30R19 96W XL

・245/40R19 98W XL

・245/35R19 93W XL

・235/35R19 91W XL

・225/35R19 88W XL

 

・235/50R18 097V

・225/55R18 098V

・225/50R18 095V

・225/45R18 95W XL

・225/40R18 92W XL

・215/40R18 89W XL

 

・215/60R17 096H

・215/55R17 94V

・215/45R17 91V XL

・195/40R17 81W XL

 

・215/65R16 098H

・215/60R16 95H

・205/65R16 095H

・205/60R16 92H

・205/55R16 91V

・205/50R16 87V

・195/60R16 89H

・195/45R16 84V XL

・185/55R16 083V

・175/60R16 082H

・165/45R16 70V

 

・205/65R15 094S

・195/65R15 91S

・195/50R15 82V

・185/65R15 088S

・185/60R15 84H

・185/55R15 82V

・175/65R15 84S

・165/55R15 75V

・165/50R15 73V

 

・185/70R14 088S

・175/70R14 084S

・175/65R14 082S

・165/70R14 081S

・165/55R14 72V

・155/65R14 75S

 

・145/80R13 75S

 

 

DAYTONはこんな方におすすめ

 

  • とにかく安いタイヤが欲しい
  • スポーティタイヤが欲しい
  • グリップ力の良いタイヤが欲しい
  • インチアップしてドレスアップしたいが予算が少ない
  • アジアンタイヤには抵抗がある
  • 日本のタイヤメーカーじゃないと嫌だ
  • タイヤの品質にもこだわりたい
  • 車の買い替えを検討しているので高いタイヤは必要ない
  • 予算は無いが中古タイヤは履きたくない

 

 

DAYTONをより安く手に入れるには⁉

f:id:ACFIELD:20220102220018j:plain

DAYTON DT30を少しでも安く入手したい方はネットショッピングを活用しましょう。

交換取付作業込での販売もありますから助かりますね。

 

主要なサイズのDAYTON DT30のネットショップリンク貼っておきます。価格帯調べにも役立ちますので活用してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

いかがでしたか?

安易に安いタイヤや中古タイヤに飛びつく前にブリヂストンのセカンドブランドであるDAYTONを購入候補に入れるのも良いのではないでしょうか?

同じ価格帯もしくはほんの少しの上乗せで信頼性のある高品質・安心の安全性を手に入れることができるのであれば、それはとても良い買い物だと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今回は以上です。