2万円以下⁉安くても機能的!おすすめのキャンプテント6選 4人用

f:id:ACFIELD:20210909180509j:plain

キャンプを始めたいけどテントって高そうだなぁ。安くても使える初心者向けのテントってないかなぁ。

f:id:ACFIELD:20210116184916j:plain

この記事ではそんな悩みを解決したいと思います。

 

本記事の内容
  • 安くてもおすすめな理由
  • 安くてもおすすめのテント紹介

 

この記事を読み終えるとあなたに合ったコスパの良い4人用テントがきっと見つかりますよ。

 

ライター:ACFIELD

キャンプとブログのことばかり考えている私が解説させていただきます。

f:id:ACFIELD:20210116205022j:plain

 

安くても充分使える!コスパの良いテントで初めてのキャンプを楽しもう!

 

 

スポンサーリンク  

 

キャンプを始めるにあたり最初の壁となるのがテントの価格となる方が多いと思います。確かに高機能で値段の張るテントも沢山ありますが、機能と価格のバランスが良いコスパの優れたテントもかなりありますよ。

今回はそんなコスパの良いテントを紹介しますね。テントをお得に購入できれば他のギアに予算をまわせてとても助かりますよね。

また今回はテントの基本サイズとも言える4人用に絞って紹介していきますね。

f:id:ACFIELD:20210116205022j:plain

 

なぜおすすめ?

今回紹介するテントの特徴を簡単に説明しますね。

価格が安い

f:id:ACFIELD:20210909190629j:plain

最も重要な条件かも知れませんね。今回紹介するテントは全て2万円以下で購入可能ですよ。

 

機能がしっかりしている

安くてもちゃんと使えないじゃ安物買いの銭失いになりますからね。

ファーストテントとして満足できる機能を備えているものを選びました。

 

安くて機能的なおすすめのキャンプテント 4人用

GEER TOP フォーシーズンテント  

GeerTopは非常にコストパフォーマンスが高い商品づくりに定評があり、このテントはアメリカコロラド州でデザインされたものです。

 

 

それではこのGeerTop フォーシーズンテントのおすすめポイントを紹介しますね。

  • 設営が簡単
  • 4人が寝れる広さ
  • 前室・荷室が確保できる
  • 2箇所の出入口がある
  • フロア5000mm・フライシート3000mmと耐水圧が高い
  • スカート付きで冬キャンに使用できる(必要ないときはまくって収納できる)
  • 価格に対してのスペックが非常に高い(2021.9月現在Amazon価格19,488円(税込))
  • 別途ポールがあればキャノピーを使用できる

それではテントの詳細を見て行きましょう! 

 

 

インナーテントです。メッシュの使用位置が絶妙なので夏場はこのインナーテントだけでもプライバシーをある程度確保できますね。

ポールを通すスリーブはメッシュになっており通しやすく抜きやすい気の利いた部分です。

 

 

キャノピーを使えば前室をリビング的にも使用可能です。またファスナーはしっかりと縫製されており噛みにくいものになっていますよ。

 

 

 

細部の画像も載せておきますね。

ベンチレーションは2箇所あり換気バッチリです。

また、インナーテントのポケットが充実しており、ランタンフックを使いながらも小物収納できる天井ポケットは秀逸です。

 

 

各部の寸法と重量・耐水圧です。前室・荷室がかなり広いことが分かりますね。

フロア5000mm・フライシート3000mmの耐水圧はこの価格帯ではなかなかない数値であり、フロアとフライシートの耐水圧バランスも良いですね。

冬キャンでも安心の数値です。

 

 

セット内容はこのようになります。キャノピー用のポールはありませんのでご注意くださいね。

総じて2万円を切る価格でこのスペックのテントは他にないのではないでしょうか?しかも4シーズン使えるとくればもはやメロメロです。

激推しの1張りですよ。

 

 

 

 

BUNDOK クイックイージードーム4 UV

まずはキャンプの雰囲気を楽しみたい、設営は簡単に済ませたい、そんな方におすすめしたいのがこのBUNDOK クイックイージードーム4 UVです。

まず価格を記載しておきますね。2021.9月現在Amazon価格11,480円(税込)です。非常にお求めやすい価格設定ですね。

 

 

機能面はというと両面に出入口があり、また前室スペースも使えます。ユーザーの使いやすさを考えた機能です。

 

 

設営はこのように非常に簡単です。これなら初心者の方も楽に設営できますね。

気軽に設営できますからキャンプ以外に日よけとしても使えそうです。

 

 

4人用としては広めのスペースも魅力的です。

耐水圧はフライシート:約1200mm・インナーシート:約1500mmとまずまずの数値です。よほど激しい雨が降らない限り大丈夫ですね。

 

ちなみにですがこのクイックイージードーム4 UVですがメーカーサイトでは販売終了となっていますので気になる方はお早めに。

 

【材 質】:●フライ/ポリエステル ●インナー/ポリエステル・ポリエステルメッシュ ●ポール/グラスファイバー
【サイズ】:約2650×3400×1270mm
【梱 包】:約820×175×175mm(カラーボックス)
【重 量】:約4400g
【仕 様】:●組立式 ●UVカット・PU防水加工・シーム加工 ●3~4人用 ●インナーサイズ/約2400×2100×1140mm ●耐水圧/フライシート:約1200mm・インナーシート:約1500mm ●セット内容/フライシート×1・インナーシート×1 ●ベンチレーション・小物入りポケット付・前室・両面入り口 ●収納時/約800×170×170mm

http://kawase-net.jp/products/post-9537/

 

 

 

 

FIELDOOR フィールドキャンプドーム200プラス

驚きのコストパフォーマンス!

FIELDOOR フィールドキャンプドーム200プラスは高レベルの機能性がありながら2021.9月現在Amazon価格8,800円(税込)という驚きの価格を実現したテントです。

10,000円切っちゃってます。企業努力のたまものですね。

 

 

まずはおすすめポイントを確認してください。

この価格帯でかなり広めの前室があるのはうれしいですね。設営もインナーテントは超々ジュラルミンのポールに吊り下げるタイプで楽ですよ。

ベンチレーションもしっかりと装備しています。

 

 

耐水圧は1500mm以上と必要十分なスペックです。またUVカットコーティングが施されていますね。

 

 

さらに遮熱性が高いシルバーコーティングがテント内の温度上昇を抑えてくれます。

ホントにこの価格で良いのでしょうか?

 

 

前述のようにフレームは超々ジュラルミン、ペグや自在もそれぞれジュラルミン製、アルミ製と細かいところも材質の良いものが使われています。

 

4人用として標準的な大きさですね。前室があるので荷物の置き場にも困らないですね。

専用バッグ付きでコンパクトに収納できることもうれしいポイントです。

 

サイズ
本体サイズ : (約)355cm×205cm×135cm
インナーサイズ : (約)200cm×200cm×125cm
収納時 : (約)直径19cm×57cm
重量
(約)3.5kg
材質
フライシート : 20D リップストップ ポリエステル
インナーテント: ポリエステル
グラウンド : 20D リップストップ ポリエステル
ポール : 超々ジュラルミン (A7075系)
耐水圧
1,500mm以上

https://fieldoor.com/camptent/fieldcampdome200plus/

 

 

 

 

QUICK CAMP ダブルウォール ドームテント ラージ

270cm幅と余裕のあるサイズ、設営が簡単なワンタッチシステム、耐水圧2000mm(シームテープ加工済み)のスペックと魅力満載のテント、QUICK CAMP ダブルウォール ドームテント ラージです。

これで2021.9月現在Amazon価格14,800円(税込)は買いで良いと思います。シンプルなデザインも好感が持てます。

 

 

設営はこのように簡単です。インナーテントとフライシートが分かれていないので設営時間はかなり短縮されますね。

 

 

ベンチレーションもしっかりと完備されています。ちょっとした前室は荷物置き場、靴置き場に使えますね。

 

 

そしてこのテントの魅力は高い耐水圧にもありますね。この価格のテントでは耐水圧2000mmはかなり優秀な数値ではないでしょうか?

 

 

カラーはGRAYとTANから選べます。どちらもキャンプ場で映える良いカラーですね。

スペースに余裕が欲しい方、設営時間を短縮したい方にはかなりおすすめのテントですよ。

 

開サイズ(目安)    幅270cm×奥行220+70cm×高さ140cm
収納サイズ(目安)    幅87×奥行21cm×高さ21cm
重量    約5.7kg
耐水圧    2000mm
UV遮蔽率    88% UPF35(フライシート)
素材    フライシート:190Tポリエステル (防水テープ加工済み)
インナーテント:通気性ポリエステル
フロア:PE

https://quickcamp.jp/product/tent/qc-hl270/#breadcrumb-2

 

 

 

 

LOGOS ROSY ドゥーブルXL-BJ

寝室+リビングの広々とした2ルームテント、LOGOS ROSY ドゥーブルXL-BJです。

Amazon's Choiceに選ばれている人気の2ルームテントが2021.9月現在Amazon価格19,480円(税込)はかなり魅力的な価格設定ですね。

 

 

リビングを広々と使えるのが2ルームテントの特徴です。別売りのポールとロープがあればキャノピーも使えますよ。

キッチン・リビング・寝室がこのテントだけでつくれてしまうので他に買い足す必要がありません。ビギナーにかなり魅力的なテントですね。

 

 

インナーテントは脱着式なので外せば、大型スクリーンタープとしても使用できます。使い方の幅が広がりますね。

 

 

前室には、フロントとサイドの2ヶ所に出入口を装備していますよ。レイアウトに選択の幅ができますね。またこの出入口の開け具合で風通しを調節できます。

 

 

天井にはベンチレーションもありますから換気はバッチリですね。ランタンフックもしっかりとありますよ。

やはり広くて便利な2ルームテントが2万円以下は驚きです。

価格を抑えた2ルームテントをお考えの方にはかなり有力な選択肢になると思います。

 

総重量:(約)10.5kg
サイズ:(約)幅290×奥行440×高さ190cm
インナーサイズ:(約)幅270×奥行270×高さ153cm
収納サイズ:(約)幅70×奥行23×奥行23cm
主素材:[フレーム]グラスファイバー
    [フライシート]ポリタフタ(耐水圧1000mm、UV-CUT加工)
    [インナーシート]ポリタフタ(ブリーザブル撥水加工)
    [フロアシート]PE
    [メッシュ]ポリエステル

https://www.logos.ne.jp/products/info/4546

 

 

 

 

コールマン BCクロスドーム/270

王道のベーシックドームテント、コールマン BCクロスドーム/270です。テント選びで迷ったらこちらのテントを選べば、まず後悔することはないでしょう。

王道テントはやはりAmazon's Choiceに選ばれていますね。2021.9月現在Amazon価格は19,701円(税込)!買いです。

 

 

フレームワークも王道です。FRPポールが採用されていますね。

基本的なシンプル構成なので迷わずに設営可能ですよ。

 

 

デザインも奇をてらわず、飽きのこない王道デザインですね。

初心者向けのテントですがしっかりと前室もあり便利に使えますよ。

 

 

寸法的にも充分4人使用ができますね。175cmとある程度高さがあるので閉塞感もありません。

やはりいよいよ迷ったらコールマン BCクロスドーム/270で決まりですね。

 

耐水圧:約1,500mm(フロア:1,500mm)
定員:4~5人用
使用時サイズ:約270×270×175(h)cm
収納時サイズ:約φ25×75cm
重量:約10kg
材質:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水) インナー/68Dポリエステルタフタ フロア/210Dポリエステルオックス(PU防水) ポール/(メイン)FRP約φ11mm (フロント)FRP約φ11mm (キャノピー)スチール 約φ16mm×2 長さ170cm 
仕様:前室、キャノピー、メッシュドア×2、コード引き込み口、ストームガード、ランタンハンガー、メッシュギアポケット
付属品:キャノピーポール、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ

https://ec.coleman.co.jp/item/2000038429.html

 

 

 

 

+αコーナー

久しぶりに+α候補がありますので紹介させていただきます。

価格的には残念ながら2万円以下とはいきませんでしたが、キャンプ初心者の方には使いやすいと思い選ばせてもらいました。

 

FIELDOOR エアフレームテント300

+αとして紹介したいのがこちら、FIELDOOR エアフレームテント300です。

一見普通のドーム型テントに見えますが、名前の通りフレームにエアが使われております。

2021.9月現在Amazon価格は28,000円(税込)ですが、大きさ・機能・付属品を考慮すると充分安いと思います。

 

 

設営は付属のポンプでエアを入れてあげるだけなので初めての方も簡単に設営できますね。

 

 

サイズ的には300×300で4人ならかなり余裕のある広さになっています。

前室付き、しかもキャノピー用のポールが標準なのもうれしいポイントですね。

 

 

エアフレームは強度のあるクロス構造になっています。安心して使えますよ。

 

 

インナーテントを外せばシェルターとしても使用可能です。エアフレームなんでキャンプでなくとも気軽に設営できますね。

 

 

収納時は二重バルブの下のキャップを開けるだけですぐにフレーム内の空気が抜けます。簡単に素早く収納できますよ。撤収時間を大幅に時短できますね。

 

 

おすすめポイントも沢山ありますね。特にポケットが充実しているので小物収納には困らないですね。

 

 

耐水圧1500mm以上にUVカットコーティング、温度上昇を抑えるシルバーコーティングは前述のフィールドキャンプドーム200プラスと同様でありがたいスペックです。

 

 

4人での使用ならかなりゆったりと使えるサイズです。高さもかなりありますからテント内の移動もかがまずにできますね。

エアを入れるだけの簡単設営なので、テントの設営が不安な方にぜひおすすめしたいですね。

 

サイズ
本体サイズ : (約)300cm×500cm×200cm
インナーサイズ : (約)300cm×300cm×180cm
収納時 : (約)80cm×40cm×40cm


重量
(約)12kg


材質
フライシート : ポリエステル
インナーテント: ポリエステル
グラウンド : ポリエステル
エアフレーム : TPU


耐水圧
1,500mm以上

https://fieldoor.com/camptent/airframetent300/

 

 

 

 

最後に

f:id:ACFIELD:20210211200029j:plain

今回は2万円以下とかなり入手しやすい価格帯の4人用テントに絞って紹介しました。

どれもキャンプ入門用のテントとしては充分なものですよ。

好みに合うテントを選んでキャンプライフを満喫してくださいね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今回は以上です。