キャンプで使いたい!おすすめハイバックアウトドアチェア6選

f:id:ACFIELD:20200808121301j:plain

みなさん、どーもであります。ACFIELDであります。

今回は前回に引き続きアウトドアチェアの紹介であります。しかも今回はAmazon's Choiceではなく、いつものACFIELD Choiceであります。

これからキャンプを始めようという方々は一口にアウトドアチェアと言っても沢山あり過ぎて何を購入すれば良いのか迷いますよね。

そんなあなたに高い満足感を与えてくれるチェア、しかもキャンプではかなりの時間をチェアで過ごすことが予想されることから、体を包み込んでゆったりと座れるハイバックチェアを紹介するのであります。

それではよろしくお願いいたします。

ゆったりと贅沢な時間を演出!ハイバックアウトドアチェア

スポンサーリンク  

ハイバックアウトドアチェアの特徴

f:id:ACFIELD:20191012172026j:plain

私も愛用しているハイバックアウトドアチェアでありますが、以下のような特徴があるのであります。

  • 背もたれが高い
  • 包み込まれる座り心地
  • 長時間の使用でも疲れにくい
  • ときにはそのまま寝てしまう
  • 他のチェアと比べるとかさばることも

スノーピーク ローチェア30  LV-091

まず紹介するのはおしゃれキャンプの定番と言えるスノーピーク ローチェア30  LV-091であります。

 

腰を包んでソファーのような座り心地なのであります。

これは座り心地を最優先に開発された結果なのであります。

 

どの角度から見ても美しいデザイン!愛用者も数多くキャンプ場に行けば必ず目にするチェアなのであります。

チェアをどれにするか決めかねたら、このスノーピーク ローチェア30は間違いない選択の筆頭なのであります。

 材質

フレーム/アルミニウム合金、肘掛け/竹集成材、金具/ステンレス、シート/ポリエステル


サイズ

58×65×86(h)cm

 

収納サイズ

16×18×101(h)cm


重量

3.6kg

https://www.snowpeak.co.jp/products/LV-091/

さらなる快適ギア オットマンもあります。

スポンサーリンク  

ogawa ハイバックチェア コットン

続いては老舗ogawaのハイバックチェア コットンであります。

火の粉に強いコットン素材ですので、焚火の近くでも安心して使用可能なのであります。

背もたれは肩までホールドして座り心地抜群!肘掛は冷たくなりにくいセルウッドを使用しており、冬キャンでの使用にも持ってこいなのであります。

背面には便利なポケット付きであります。

 

収納も簡単!ということはもちろん広げるのも簡単なのであります。

■重量/約4.1kg
■サイズ/[座面]幅50cm×奥行40cm×高さ43cm
       [全高]94cm
 収納サイズ/幅111×奥行11cm×高さ15cm
■安全耐荷重/80kg 
■素材/座面:綿100%
      フレーム:アルミ合金
      肘掛け:セルウッド
■カラー/オフホワイト、カーキ、サンドベージュ
■付属品/収納袋

https://www.store-campal.co.jp/products/detail.php?product_id=4478 

LOGOS Life バックホールドチェア

続いては背もたれが特徴的な形状のLOGOS Life バックホールドチェアであります。

 

真横から見るとこのようになっております。

この特徴的なラウンド形状が背筋を自然と伸ばしてくれて、長時間座っても疲れないのであります。猫背になりがちな昨今、このチェアはありがたいのであります。

 

背面には便利なポケット付きであります。

 

収納はキュっとコンパクトに!耐荷重も150kgと抜群であります。

しかもかなりのお求めやすいプライスで室内で普段使いしたい気持ちを抑えられないのであります。

総重量:(約)5.4kg
サイズ:(約)幅80×奥行63×高さ101cm(座高46cm)
収納サイズ:(約)直径23×高さ104cm
耐荷重目安(静止荷重):(約)150kg
主素材:[フレーム]スチール
    [生地]ポリエステル(PVCコーティング)

https://www.logos.ne.jp/sp/products/info/3930#tab

スポンサーリンク  

コールマン レイチェア

続いては私も愛用しているコールマンのレイチェアであります。そうであります!例の家族で争奪戦をしているレイチェアであります。

こちらはちょっと前に出た新色のオリーブであります。

自然と調和するカラーでキャンパーの物欲を刺激するのであります。

 

レイチェアの強みは何と言ってもこのリクライニング機能であります。何度このチェアで寝落ちしたことかなのであります。

 

収納もワンアクションで収束できるのでとてもラクなのであります。

お求めやすい価格帯であることもレイチェアの強みであります。このチェアのコストパフォーマンスは相当高いのであります。

 ●サイズ:使用時/約61x70x98(h)cm
●収納時/約25x15x89(h)cm
●重量:約3.7kg
●材質:アルミニウム、スチール、ポリエステル、他

https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N07873.html

 

ファイアーサイドレイチェアもあります。焚火の火の粉でも燃えにくい生地を使用しております。

ビジョンピークス キャンバスリラックスチェア

続いてはヒマラヤスポーツのアウトドアブランドであり、コストパフォーマンスの高さから人気のビジョンピークスからキャンバスリラックスチェアであります。

 

火の粉に強いコットンキャンバスを使用しており、焚火のときも安心なのであります。

 

なるほど!バーベキューのときも安心でありますなぁ。

ご覧のような背もたれの角度でゆったりとくつろげるのであります。

先ほども記載したように価格に対しての機能性がかなり高いブランドであるビジョンピークスは、かなり多くのファンを抱えているようであります。

■サイズ:
使用時/約56×78×86(H)cm
座面高/約35cm
収納時/約16×20×112(H)cm
■素材:
シート/コットン、ポリエステル
フレーム/アルミニウム
■重量:約3.3kg
■耐荷重:約80kg
■付属品:収納ケース

https://www.himaraya.co.jp/product/0000000374663 

スポンサーリンク  

アディロンダック リラックスキャンパーズチェア

ラストは流行に左右されず、普遍的なデザインや機能を表現するブランド、アディロンダックのリラックスキャンパーズチェアであります。

 

よりリラックスできるよう座高は低く、背面に若干傾斜をつけたデザインなのであります。

 

背面から見たデザインもシンプルでオシャンティー!好感が持てるのであります。

コットンは使い込むほどに味が出てきて長く使えるチェアとなっております。

またフレームもアルミで軽量、価格も良心的なのであります。

このアディロンダック リラックスキャンパーズチェアはかなりおすすめなのであります!

■サイズ:(使用時)W57×D68×H80cm (収納時)W17×D17×H108 cm

■重量:約2.9kg

■素材:シート/コットン100%、フレーム/アルミ合金

■耐荷重:80kg

■座面両端のフレームの高さ:約48cm

■座面布部(おしり部分):約36cm

■付属品:ナイロン収納ケース 

https://aandf.co.jp/brands/adirondack

最後に

今回はおすすめのハイバックアウトドアチェアを紹介させていただきました。気になるチェアはありましたか?

ACFIELD的にはこの6つは全て物欲を刺激してくる強力ラインナップなのであります。言わば私の欲しいものリストと言っても過言ではないのであります。

そして私の欲しいものリストがみなさんのアウトドアチェア選びの参考になれば幸いであります。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうなのであります。

 

あ!そうそう!

以前書いたお昼寝前提のチェア記事も良かったらどうぞであります。

www.acfield.work

はじめてはてブ砲を頂いた記念の記事でもあります。

 

f:id:ACFIELD:20200308125303j:plain

ではまた。