【ブリヂストン ネクストリー】評価レビュー!価格は安く性能は充分なベーシックタイヤ

タイヤの買い換え時期がきたんだけど予算があまりないから困ったなぁ。アジアンタイヤにはちょっと抵抗があるし、日本メーカーで安く買えて品質も良いタイヤってないかなぁ?

f:id:ACFIELD:20210116184916j:plain

この記事ではそんな悩みを解決したいと思います。

 

本記事の内容
  • ネクストリーとセイバーリングの価格比較
  • 【ブリヂストン ネクストリー】の概要
  • 【ブリヂストン ネクストリー】評価レビューと寿命について
  • 【ブリヂストン ネクストリー】の特徴とエコピアとの違い
  • 【ブリヂストン ネクストリー】が低価格な理由

 

この記事を読み終えると現在、【ブリヂストン ネクストリー】のお買い得感が分かりますよ。

 

ライター:ACFIELD

嫁の愛車、マツダ ベリーサでネクストリーを7シーズン使用した私が解説します。

f:id:ACFIELD:20210116205022j:plain

 

値上げされてもまだまだお買い得!ブリヂストンのベーシックタイヤ ネクストリー

 

 

スポンサーリンク  

 

ネクストリーはブリヂストンブランドのベーシックタイヤです。ブリヂストンの中では低価格なこともあり幅広い車種とユーザーに選ばれてきました。 私も価格と性能のバランスで知り合いの車屋さんから購入し7シーズン使いましたよ。 その後の履き替え時期にはさらなる金欠から、ご厚意により安く購入できたセカンドブランド、セイバーリングを選んだという経緯があります。 しかし、現在ネット価格ではネクストリーが断然安く買えるようです。それでは【ブリヂストン ネクストリー】について一緒に見ていきましょう。

f:id:ACFIELD:20210116205022j:plain

 

 

ネクストリーとセイバーリングの価格比較

 

ブリヂストンブランドのネクストリーとブリヂストンのセカンドブランドであるセイバーリングの価格表です。

まずはネクストリーのお買い得感を感じてくださいね。

 

タイヤサイズ ネクストリー4本セット価格 セイバーリング4本セット価格
155/65R13 73S 12,300円 17,280円
155/70R13 75S 20,800円※ 21,320円
155/65R14 75S 13,790円 15,560円
165/55R15 75V 28,760円 32,000円
175/60R15 81H 32,240円※ 34,000円
205/60R16 92H 39,659円 44,680円
225/45R17 91W 42,680円※ 56,880円

2022年6月現在 Amazon税込み価格  注)価格は変動する可能性があります。

※セットより単品がお得なので単品価格×4で算出

 

ご覧のようにネクストリーよりもセイバーリングの価格が高くなっていますね。

いかにネクストリーがお買い得なのかが分かります。

 

 

【ブリヂストン ネクストリー(NEXTRY)】とは

 

 

ネクストリーはブリジストンの低燃費ベーシックタイヤです。

基本的な性能はしっかりと押さえながらも、低価格を実現しています。

またタイヤサイズが豊富に用意されているので、多くの方が選べるタイヤになっていますよ。

 

ネクストリーにはブリヂストンのタイヤ専門店(タイヤ館・コクプット・ミスタータイヤマン)だけで購入できる 【TYPE S】【TYPE L】もあります。

【TYPE S】はシャーベット状の路面や軽い積雪でも走行できるオールシーズンタイヤですが低燃費タイヤではありません。

【TYPE L】はロングライフモデル(ベーシックモデルに比べ摩耗寿命が20%向上)ですので長持ちはしますが転がり抵抗性能が、 ウェットグリップ性能性能ともにベーシックタイプよりも低下してしまいます。

この記事では最も一般的な低燃費ベーシックタイヤについて記載していきますね。

 

 

ブリヂストン ネクストリーの特徴

 

 

ここではブリヂストン ネクストリーの特徴を確認していきましょう。

 

 

転がり抵抗を低減し、低燃費性能向上

 

ネクストリーには「ecopiaワッペン」が刻印されていますが、これはECOPIAブランド以外で、RRCグレード(転がり抵抗性能)が A以上(9.0 以下)、WETグレード(ウェットグリップ性能)d以上にグレードされた乗用車タイヤの商品に対てに刻印されるものです。

 

 

安心の基本性能

 

ネクストリーは「ウェット性能」「ドライ性能」「乗り心地」といった基本性能はしっかりと押さえたタイヤです。

さらにタイヤの偏摩耗を抑制し、「ライフ性能」も配慮されていますよ。

 

 

サイズラインアップが豊富

 

ネクストリーのサイズラインアップは、なんと「71サイズ」もあります。

これだけあれば、セダンやワゴンから軽・コンパクトカーまで多くの方が購入可能ですね。

 

 

ブリヂストン ネクストリーに使われている製造技術

 

 

・ナノプロ・テック

ゴム構造を100分の1ミリ単位でコントロールし、低燃費性・安全性・静寂性・耐久性を追求しています。

ナノプロ・テックによって部材ごとの重量バランスを最適化、転がり抵抗を低減しているんですね。

 

 

 

・水平接地形状

ネクストリーにはブロックを水平に接地させる水平接地形状が採用されています。

水平接地形状により偏摩耗が起こりにくくなっていますよ。

 

・5ピッチランダムバリエーション・ブロック配列

各ブロックの5種類のピッチをランダム配置することでパタンノイズを軽減、高い静寂性を実現しています。

 

・ジョイントレス・キャップ&レイヤー

ワイヤー状コードの連続巻きつけでつくられたキャップとレイヤーが採用されています。

トレッド部分の剛性が均一になり安定した走行が可能になっていますよ。

 

・O-Bead(オー・ビード)

真円性を高めるオー・ビードという形をしています。

これにより、直進安定性、操縦安定性、快適性を高めていますよ。

 

 

ブリヂストン ネクストリー 評価レビュー

 

 

嫁の愛車であるマツダ ベリーサでは現在、高コスパタイヤである「ブリヂストン セイバーリング」を履いていますが、 セイバーリングに買い替える前はネクストリーを7シーズン履いていました。

当時はまたネクストリーに買い替える金銭的な余裕が無く、セカンドブランドであるセイバーリングを購入した次第です。 (ご厚意により安く購入できたので)

結果的にはどちらを購入しても正解でしたね。

セイバーリングも気になる方はこちらの記事に詳しく記載していますよ。 

www.acfield.work

 

さて前置きが長くなりましたが、ネクストリーの使用感はというと、よほど走りにこだわる人でなければ満足できると思います。

しっかりと曲がれますし、しっかりと止まります。

走りで特に不満に感じるところはありませんでしたよ。 燃費が悪化することも無く、乗り心地はマイルドです。

 

気になる点としては駆動輪である前輪のタイヤが後輪に比べて減りが早かったことですかね。

なのである程度走ったらタイヤローテーションはした方が良いでしょう。

しかしこれは1速・2速を引っ張るベリーサの特徴とスタートで加減せずにアクセルを踏み込む嫁の運転の合わせ技がかなり影響したと思いますが・・・。

車種によっても違ってくる部分です。

これらのことからブリヂストン ネクストリーは幅広いユーザーが満足できる標準的なタイヤだと言えますね。

 

ベーシックタイヤですから、走りにこだわる人・スポーティーさを求める人には物足りないかも知れません。

コスパの良いスポーツタイヤが気になる方はこちらの記事に詳しく記載していますよ。

www.acfield.work

 

 

ブリヂストン ネクストリーの寿命

 

前述のように我が家ではネクストリーを7シーズン履きました。

私の住む地域は雪国なので12月~4月まではスタッドレスタイヤに履き替えます。

そこを踏まえての一例とお考え下さい。

 

我が家のベリーサは概ね、1年で10000㎞走行するのでネクストリーでは年間6666㎞ほど走った計算になりますね。

従って7シーズンで46662㎞になります。

最後はスリップサインギリギリまできていましたが、このあたりは走り方によっても違ってくる部分です。

「ふんわりアクセル」を心掛ければ長持ちするでしょう。

しかし、我が家の7シーズンは履き過ぎかも知れません。

 

12月~4月まで履いている私のおすすめスタッドレスタイヤはこちらで詳しく記載していますよ。

www.acfield.work

 

 

ブリヂストン ネクストリーとエコピアの違い

 

 

エコピアは安全性能と耐久性を高めた低燃費タイヤです。

ネクストリーよりも上位のタイヤになりますし、タイヤのコンセプトが違いますから一概に比較は難しいですね。

しかし【転がり抵抗性能】と【ウェットグリップ性能】は明らかにエコピアが上になります。

スタンダード性能で購入しやすいタイヤが欲しいならネクストリー、より高性能で低燃費性能も欲しいならエコピア、 購入するタイヤに何を求めるかで決めましょうね。

 

 

ブリヂストン ネクストリーが低価格な理由

 

 

ネクストリーは日本だけでなく、台湾やタイでも製造されています。

製造コストを抑えて低価格で販売していますね。 価格帯はアジアンタイヤにも引けを取りませんよ。

 

 

ブリヂストン ネクストリー サイズラインアップ

 

13inch

偏平率(%) タイヤサイズ
65 145/65R13 69S
155/65R13 73S
165/65R13 77S
70 155/70R13 75S
165/70R13 79S
175/70R13 82S
80 145/80R13 75S
155/80R13 79S
165/80R13 83S

 

14inch

偏平率(%) タイヤサイズ
55 155/55R14 69V
165/55R14 72V
60 165/60R14 75H
175/60R14 79H
185/60R14 82H
65 155/65R14 75S
165/65R14 79S
175/65R14 82S
185/65R14 86S
195/65R14 89S
70 165/70R14 81S
175/70R14 84S
185/70R14 88S
195/70R14 91S
80 175/80R14 88S
185/80R14 91S

 

15inch

偏平率(%) タイヤサイズ
50 165/50R15 73V
55 165/55R15 75V
175/55R15 77V
185/55R15 82V
195/55R15 85V
60 165/60R15 77H
175/60R15 81H
185/60R15 84H
195/60R15 88H
205/60R15 91H
65 145/65R15 72S
165/65R15 81S
175/65R15 84S
185/65R15 88S
195/65R15 91S
205/65R15 94S
215/65R15 96S
70 205/70R15 96S
215/70R15 98S

 

16inch

偏平率(%) タイヤサイズ
50 165/50R16 75V
195/50R16 84V
55 185/55R16 83V
195/55R16 87V
205/55R16 91V
215/55R16 93V
60 175/60R16 82H
185/60R16 86H
195/60R16 89H
205/60R16 92H
215/60R16 95H
225/60R16 98H
65 195/65R16 92V
205/65R16 95H
215/65R16 98H

 

17inch

偏平率(%) タイヤサイズ
45 215/45R17 91W
50 215/50R17 91V
225/50R17 94V
55 215/55R17 94V
225/55R17 97V
60 215/60R17 96H
225/60R17 99H

 

18inch

偏平率(%) タイヤサイズ
45 225/45R18 95W
50 225/50R18 95V
235/50R18 97V
55 215/55R18 95V
225/55R18 98V

 

 

ブリヂストン ネクストリーを最安で購入するには

 

 

ブリヂストン ネクストリーを最安で手に入れるやはりネットでの購入になりますね。

提携店へ直接配送してもらい、後は取り付けてもらうだけなんてこともできますから便利な時代です。

主なサイズのリンクを貼っておきますので参考にしてください。

(タイヤ単品画像のものはAmazonでセット価格よりも単品×4の方が安かったものです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他のサイズはこちらから

Amazonで探す

 

楽天市場で探す

 

Yahooショッピングで探す

 

 

まとめ

 

 

基本性能はしっかりとしており、価格は抑えられているネクストリーは街乗り・普段の足として使う車にピッタリなタイヤだと思います。

タイヤ全体が値上げされた今もお買い得感は落ちていないですからね。

タイヤ選びで迷ったら、ぜひ選択肢に入れて欲しいタイヤですよ。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今回は以上です。