簡単設営!耐水圧・ダブルウォールから選ぶワンタッチテント3選

f:id:ACFIELD:20190407153032j:plain

みなさんどーもです。ACFIELDです。

さて先日初心者が購入したキャンプギアの記事を投稿したところ、方々から

「初心者向けのテントをもっと紹介しろ!」という声が聞こえたような気がしましたので、早速ご紹介致します。

今回は初心者が1人でも設営できることを前提に選びました。

 

初心者でも簡単設営!ワンタッチテント3選 

スポンサーリンク  

今回考慮したポイント3つです。

  • 設営が簡単であること
  • 耐水圧が3000mmであること
  • ダブルウォールであること

それではポイントを説明していきますね。

ポイント

設営が簡単であること

f:id:ACFIELD:20190407165912p:plain

1人でも簡単に少ない動作で形になってくれるもので、後はペグを打ち込むだけのものがおすすめです。1人~2人用が多いようです。

大きなテントは長くつなげたポールを扱ったりと初心者1人では難しい作業が発生します。

やはりワンタッチと言われるものがおすすめです。

 

耐水圧が3000mm以上であること

f:id:ACFIELD:20190407171439j:plain

耐水圧とは浸み込もうとする水をどこまで浸み込ませないかという値になります。

耐水圧3000mmであれば1cm四方のマスに水を3000mm入れてもテント内に浸み込まないということです。

しかし、この値が上がると通気性が悪くなることにもなり夏場は蒸し暑くなることにつながりますし、価格が上がっていきます。

今回はそれらのバランスから3000mmのものを選びました。

 

ダブルウォールであること

f:id:ACFIELD:20190407172928j:plain

ダブルウォールとはインナーとフライシートの2重構造のものになります。

対してシングルウォールはフライシートのないものになり、主に日帰りのレジャーなどで使われるテントはシングルウォールのものが多くなります。

ダブルウォールであれば2重で浸水を防いでくれますし、結露がインナーには発生しにくくなります。

これなんかいかがでしょうか?

ライダーズワンタッチテント T2-275

バイクに積んでも大丈夫をコンセプトにしたテントで収納したときはとてもコンパクトになります。耐水圧は3000mmでダブルウォールです。

設営も非常に簡単です。 

テントの前面に蛍光処理された部分があるので、暗くなっても自分のテントが見つけやすい細かな配慮がされています。 

キノコテント T4-610-KH 

かわいい外観でお子さんも大喜び!こちらも設営簡単で大人2~3人、小さいお子さんを含めれば4人まで一緒に寝れます。 耐水圧3000mmでダブルウォールです。

Coleman クイックアップドーム 

 

Coleman独自のダークルームテクノロジーで日光を90%も遮り、夏の気温上昇を抑えてくれます。耐水圧は3000mmでダブルウォールです。
撤去時フライはそのまま収納できるので、二回目以降の設営はさらに楽々です。
こちらは1人用です。

 最後に

今回は簡単設営のワンタッチテントを3つ紹介しました。

テントが欲しい、でも面倒なものはちょっとという方の参考になれば幸いです。

楽しくキャンプして下さいね。

ではまた。

 合わせて読んでね。

www.acfield.work

スポンサーリンク