実はかなりの重要ギア キャンプで使いたいケトル6選+α

f:id:ACFIELD:20190730215741j:plain

みなさん、どーもであります。ACFIELDであります。

今回は実はかなりの重要ギアであるケトルについて紹介していきたいと思うのであります。キャンプにおけるケトルをよくよく考えてみると実はかなり重要なことに気付いたのであります。もしかしたらフライパンより、鉄板よりも焼き網よりも重要度が高いのではなかろうか?なんて思ったのであります。

なぜなら、キャンプ飯にさほど力を入れない方、飯はカップ麺で良いって方も相当数おられるはずであります。キャンプのどこに力を入れるかは人それぞれなのであります。「カップ麺で充分、でもコーヒーは飲みたい」なんて方にも必須ギアであるケトルですが、割とたくさんあってどれを購入すれば良いか分からないって方のために今回も私目線である程度絞り込みましたので紹介したいと思います。

これさえあれば飯は何とかなる!キャンプで使いたいケトル

スポンサーリンク  

 キャンプ用ケトルの種類

まずは、キャンプ用ケトルにはどんな種類があるのかを見てみようと思うのであります。

縦長タイプ


コールマン ファイアープレイスケトル 2000026788

縦長タイプは取っ手が側面に付いており取扱いやすさ、お湯の注ぎやすさに優れた形状なのであります。また一方で熱源との接する面積が小さくなりますのでお湯の沸く速さでは他に劣る面もあるようです。

ケトル(やかん)タイプ


Moligh doll Moligh doll(R) 1.1Lポータブルで軽量なキャンプ水ケトル ティーポット コーヒーポット

家庭でも馴染み深い一般的なこの形、いわゆる「やかん」であります。その形状から効率的にお湯を沸かすことができるため、早くお湯を沸かすならケトルが一番なのであります。普段何気なく使っているやかんでありますが、形には理由があるのであります。

寸胴タイプ


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用 ケトル クッカー 14cm 1.3L M-7296

寸胴タイプはいわゆるクッカーなのでありますが、注ぎ口を付けることでやかんとしても使えますよ~的なものであります。鍋とやかんの2役をこなせるのでどちらにも使いたい方にはこのタイプがおすすめなのであります。

LOGOS ザ・ケトル


ロゴス ザ・ケトル1.4L 81210302

まず紹介するのはLOGOS ザ・ケトルであります。いわゆる「やかん」、「THE・やかん」なのであります。素材はアルミが使われているのでとても軽量であります。また表面にはハードアルマイト加工が施され傷が付きにくいのが特徴であります。

ちなみにアルマイト加工とはアルミニウムの陽極酸化皮膜らしいのでありますが、ハードアルマイトはその被膜が2倍なのであります。耐久性がアップする加工がされているということであります。そのおかげか、LOGOS ザ・ケトルは非常にカッコイイ、おしゃれなケトルに仕上がっているのであります。

またフタの取っ手もおしゃれなのでありますが、これは耐熱性に優れたシリコンでつくられています。形も開けやすい、つかみやすい形状なのであります。メッシュの巾着収納袋なのも高ポイントであります。

総重量:(約)200g
容 量:(約)1.4L
サイズ:(約)16×16×10cm
表面加工:ハードアルマイト
主素材:アルミ

https://www.logos.ne.jp/products/info/1789#tab

Coleman パッカアウェイケトル


コールマン パッカアウェイケトル/0.6L 2000010532

続いて紹介するのは、コールマンのパッカアウェイケトルであります。このケトルは0.6Lと小型であり、そんなに多くお湯を必要としない、コーヒーを淹れるくらいという方にピッタリのケトルであります。小型ゆえに沸くのが早いというメリットもあります。

素材は熱効率が良いアルミニウム製で、アルマイト加工よりもワンランク上のハードアノダイズド加工が施されており、傷が付きにくくなっております。またパックアウェイ TM クッカーセットにスタッキングできますので、コールマンフリークにはうれしいポイントであります。持ち手には滑りにくいシリコンが使われておりますので、狙った位置にお湯を注ぎやすいのであります。

そして細かい部分ですがケトルにありがちな最後まで傾けるとフタが外れるなんてことが無いように設計されております。これ私的にはかなり高ポイントであります。これでカップラーメンにケトルのフタがINする心配から解放されるのであります。

そしてうれしい、メッシュのポーチ付きであります。

●使用時サイズ:約15×13×8(h)cm
●重量:約150g
●容量:約0.6l
●材質:アルミニウム、ステンレス、シリコン
●付属品:メッシュポーチ

https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N02420.html 

ユニフレーム 山ケトル 900


ユニフレーム (UNIFLAME) 山ケトル900 667736

続いて紹介するのは、ユニフレームの山ケトル900であります。こちらはキャンプにおけるケトルとしてはかなりポピュラーなのであります。以前クッカーの記事で紹介したfan5 DXにスタッキングできますので、こちらもユニフレームフリークにはうれしいポイントであります。

特徴的なのは一般的なケトルを押しつぶしたような形状でありますが、そのおかげで効率よくお湯が沸くのであります。容量は名前の通り0.9Lでカップ麺とコーヒーにはちょうどいい量なのであります。(人数にもよりますが・・・。)

素材はこちらもアルマイト加工が施されたアルミで、取っ手にはステンレスが使用されております。重量も約186gと軽量で持ち運びに便利なメッシュの収納袋付きであります。

サイズ
収納時:約φ166×76mm
材質
本体・フタ:アルミニウム・アルマイト加工
ハンドル:ステンレス鋼
ツマミ:フェノール樹脂
重量
約186g
満水容量
約0.9L
適正容量
約0.85L
付属品
収納ケース

 https://www.uniflame.co.jp/product/667736

プリムス ライテック・ケトル0.9L


PRIMUS(プリムス) ライテック・ケトル0.9L 【食品検査済日本正規品】 P731701

さあ、続きましてはおしゃれなキャンプギアが得意なブランドでありますプリムスのライテックケトル0.9Lであります。こちらはハードアノダイズド加工が施されたアルミ製のケトルで、傷が付きにくくなっております。プリムスのロゴがカッコいいのであります。

しかし、この形状はどこかで見たような⁉︎ムム!先程のユニフレーム山ケトルとうりふたつではありませんか!ケトルを突き詰めると形は似てくるのでありますなぁ。

重量:166g
サイズ:直径15.5×高さ8.1cm 
□ 収納袋付属

https://www.iwatani-primus.co.jp/products/primus/products/pot/p731701.html

GSI ハルライト ティーケトル 1QT


ジーエスアイ GSI ハルライトティーケトル 1QT(約946ml) 11871902000000 [やかん アルマイト]

さあ、こちらは通好みのブランドGSIのハルライト ティーケトル 1QTであります。GSIは1985年にアメリカ西海岸のサンディエゴで生まれ、こだわりの強いギアをつくるブランドなのであります。

ハルライトとは超軽量な硬質アルマイト加工アルミニウムで、ワンランク上の材質という印象を受けるのであります。引っかき傷やバーナーの焼け跡もつかないこだわりのケトルであります。価格もそれなりになりますが、どうせ買うならこだわりたいという方におすすめのケトルなのであります。

重量: 195g

サイズ: 15.3φcm×H8.5cm

素材: ハードアノダイズド・アルミ / Infinity™ポリプロピレン樹脂他

容量: 約986ml

https://gsioutdoors.jp/product/cooking/pots_pans/detail/11871902/

トランギア ケトル 0.9L


trangia(トランギア) ケトル 0.9L TR324

続いてはあのメスティンのトランギアがつくったケトルであります。素材はシンプルに無垢のアルミであります。さすが北欧ブランド、シンプルさを追求した結果なのであります。無垢のアルミゆえに使い込むほどに、その表情が変化していくのであります。その変化もまた楽しみの一つと言えるのであります。

トランギア ケトル 0.9Lは持ち手のラバーチューブを外せば焚火でお湯を沸かすことができますので、熱源は焚火という方にもおすすめであります。

 重量:190g サイズ:φ15×H8.5cm
アルミ製(無垢)

https://www.iwatani-primus.co.jp/products/trangia/kettles-cookers/tr_324.html

+α

ちょっと変わったものを紹介している+αコーナーであります。もはや勝手にコーナー化した次第であります。今回は2つ紹介させていただくのであります。

杉山金属 キューブケトル 薄型 1.1L


杉山金属 キューブケトル 薄型1.1L KS-2625

おっと、ついにやっちゃったのであります。ケトルはこんな形という概念を超えたのであります。超えた先には便利な使い方が待っていたのであります。


【直送】【代引・日時指定不可】杉山金属 日本製 薄型 キューブケトル 1.6L KS-2625【沖縄・離島配送不可】

例えば麦茶パックを入れてそのまま冷蔵庫へ、しかもケトル自体がスタッキングできちゃう形状!便利であります。「おいおい、キャンプに冷蔵庫は無いだろう」とか野暮なことは言わない約束であります。ポータブル電源が売れまくっているこの時代でありますから、近い将来キャンプ用冷蔵庫が発売されたりするかもであります。(ツインバード工業あたりから)

しかし、この形状であれば抜群の収納しやすさのはずであります。無駄な空間をつくらずにコンテナ等にINできちゃうのであります。


【杉山金属】IH対応 18-8ステンレス製 キューブケトル(容量:1.6L)

そしてまさかの茶こし付きであります。画像の通りアイディア次第でキャンプでも使えそうなのであります。

この杉山金属は「俺たちの新潟」燕市のメーカーですので品質は折り紙付きであります。しかも材質はステンレスでありますので長く使えるケトルなのであります。

製品重量: 800g
製品寸法: 幅227×奥行227 ×高70mm 満水容量2L  
材質: 本体:ステンレス(底の厚さ0.6mm) 蓋:ステンレス 蓋つまみ・取手:耐熱フエノ-ル樹脂 ストレ-ナ-:ステンレス 適正容量:1.1リットル以内

https://www.sugimetal.jp/products/detail.php?product_id=107 

LOGOS たためるケトル 1L


ロゴス ケトル たためるケトル1L 81210305

そしてこちらも常識から逸脱した形状のLOGOSたためるケトル1Lであります。みなさんの予想通り本体はシリコン製であります。

 


たためるケトル1L ( 81210305 / HN10300573 )【 ロゴス 】

そして予想通りこんなにペタンコになるのであります。形と材質を見れば、どのようにたたまれるか想像できるのでありますが、なかなかシリコンでケトルをつくろうという発想は出てこないのであります。LOGOSさすがであります。


たためるケトル1L ( 81210305 / HN10300573 )【 ロゴス 】

さらに驚きなのは直火がOKであるということであります。シリコンって優秀なんですな。コンパクトさ、収納性の高さは間違いなく今日紹介した中ではNo.1であります。私これ大好きかも知れないのであります。(ちなみにIHには対応していませんので注意願います。)

総重量:(約)400g
容 量:(約)1L
サイズ:(約)21×14.5×13.7cm
収納サイズ:(約)21×14.5×5.8cm
主素材:シリコン、ステンレス、ナイロン

 http://www.logos.ne.jp/products/info/2897#tab

最後に

今回は様々なケトルを紹介したのであります。それぞれ、形状や材質、コーティング方法に違いがありますので用途にあったケトルを選んで欲しいのであります。そしてキャンプでカップ麺、コーヒーをいただく幸せを堪能してくださいね。

しかし、今年は暑すぎません?毎日アイス食べないと体がもたないのであります。早いこと「ガリガリ君オロナミンC味」か「ガリガリ君リアルゴールド味」をつくって欲しいものであります。絶対に売れると思うのであります。私は買います。

無関係な話すいません。ついつい・・・であります。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうなのであります。

f:id:ACFIELD:20190409185643j:plain

エアコンの効いたところで読んで欲しい、その他のキャンプ記事はこちらであります。

www.acfield.work

ではまた。